Countdown

=2010年3月21日 活動終了=

Profile

yukari

Author:yukari
Age:26
Birthplace:Hokkaido/JAPAN
Work:JOCV
Hobbiy:swim,oboe,PC

New diary

Category

Archive

Counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| コメント(-)

生徒とお出かけ@ミルプール

7月に入学した生徒が、に連れて行ってくれました。

学校からバスとリキシャを乗り継いで30分くらいのところにある
ベンガル人が選ぶ、奇麗なスポットランキングの上位に入るであろう
デートしている人が多かったです。
(ほかには、山や公園や、林(森)とか自然が多いところが好きみたいです)

この川、今までに何度か行ったことはありますが、
川の反対側に行ったのは今日が初めてでした。

mirpur-05.jpg
船は1時間70タカでレンタル

mirpur-04.jpg
船の中では歌と詩の発表会
(バングラには「趣味は詩を書くこと!」という人が多い気がします)

mirpur-02.jpgmirpur-01.jpg
川の反対側は未開発地域(村?)

mirpur-03.jpg授業中全くしゃべらない生徒が、進んで歌を披露したり、みんなを笑わせたりしてて、面白かったです。みんな女の子なので、“”の話になるとキャーキャー言ってるのとかもかわいらしい♪
私は3時間の船旅+村見学で直射日光をふんだんに浴び、首と手がヒリヒリ痛いし、日興湿疹も出てしまいました。今、日焼け止めを塗らなかったことをとっても後悔しています。



2009-07-19(Sun) 20:03| バングラトラベル| コメント 0

ラッシャヒ旅行

忘れないうちに書いておこう。
2か月前にラッシャヒに旅行に行ったのです。

目的1リチュー(ライチ)が食べたい
農家の方からライチの木を丸ごと買い取り、ライチ狩り!
raj-04.jpg
ライチ狩りメンバーと私たちが買い取ったライチの木。

raj-01.jpg
赤くておいしそうなライチ。いちごみたーい!

raj-03.jpg
木に登って採ってくれたくれたおじさん。

raj-02.jpg
こんなにたくさん採れましたー。


目的2:遺跡を見よう
ラッシャヒの町からバスで1時間くらいのところにあるプティアという地域です。
(建物の名前はガイドブックを見ながら推測で・・・)
ガイドブックには
“入場料はかからないけど、案内してくれるおじさんに50TK~100TK支払う”と
書いてあったけれど、支払った記憶がないなぁ。ケチな日本人!?
raj-08.jpg
シヴァ寺院

raj-07.jpg
プティアのラズバリ(王の家)

raj-06.jpg
ドルモンチョ

raj-05.jpg
アニク寺院とゴヴィンダ寺院

raj-09.jpg



2009-07-08(Wed) 05:53| バングラトラベル| コメント 2

ショナルガオ

バングラの観光名所のひとつ、ショナルガオに行ってきました。
旅友は、シレットを一緒に旅した韓国人ボランティアのSuRanちゃん。

まずは待ち合わせでひと悶着。
グリスタン(Gulistan)にあるボラク(Borak)というバススタンドで待ち合わせ。
グリスタンをぐるぐる迷子になっても全然見つけられない。
CNGの運転手もだんだん機嫌が悪くなってきた…。
15分くらいぐるぐるしてやっとSuRanと出会えたとき、CNGのメーターは92TKでした。
メーターで支払う交渉をしていたので100TK渡すと、運転手が300TKよこせと言ってきた!

周りのベンガル人も集まってきてケンカ開始。プラス40TK払ってとりあえずケンカ終了。
そしてバスに乗り込んで1時間半、ショナルガオへ。

この日は超暑かった。何もしてなくても汗だらだら。本当に暑すぎる。
水飲みたいねーって言ってたら、おじさんがアイス奢ってくれた。
ラッキー!!
この時SuRanが感動的な一言が・・・
「悪いことの後には必ずイイことがある、だから2年間住めるんだ」
2年間の活動を終えようとしているSuRan、私もこんなふうに、寛大になれるのだろうか・・・?


ショナルガオの入場料金は10TK。
緑いっぱいのでっかい公園の中に博物館みたいな建物が一つ。
syona-03.jpg
博物館の中は昔使っていた生活道具とか民芸品が展示してあったのですが、
停電中で真っ暗。窓がある部屋以外、ほとんど見えませんでした。
syona-02.jpg
(写真はおみやげやさん)

あとは子供遊ばせるための遊具、もちろん手動。
syona-01.jpg

公園内はカップル多し。
若者たちが手をつないで散歩したり、木の下に座って話に花を咲かせています。

二人でデートを楽しめばいいのに、
外国人である私たちを見かけては
「チン・チョン・チャン」とちょっかいかけたり、
「何人~?」と聞いたり・・・しまいには勝手に写真を撮ります。
あーやめてほしい。
こういうところ、バングラの嫌なところなんだよねぇ。。。


静かで緑があるショナルガオ。
ダッカは音がたくさんあるけれど、ここは音がなくて私は好きです。


2009-06-06(Sat) 20:45| バングラトラベル| コメント 0

2度目のシレット旅行!vol.2

午後はインドとの国境まで行ってきました。
シレットの街から1時間半くらい?
CNGを貸し切りましたが途中で3度も故障したのでバスに乗り換え。
途中に滝(インド)が見えるところがありました。ごく稀に見れるそうです!

◆ジャフロン(Jaflong)
船に乗ってインドとの国境(川の途中)に行きました。
この川では石を集める仕事をしている人がたくさんいました。


◆タマビル(Tamabil)
インドのダワキ(Dawaki)に徒歩で国境越えできます。
本当に徒歩。荷物もリアカーに積んで…。
インドから石炭を積んだトラックが来て、バングラのトラックに積み替えていました。
Sylhet06.jpgSylhet05.jpg
Sylhet04.jpgSylhet01.jpg

◆ステーキの夕食
Nazimgarh Resortsというホテルの中にあるレストラン。
このホテルは1泊(1部屋)US$75~US$95で、ジャグジー付のとっても綺麗な部屋でした。
(↑泊まってません、見ただけです・・・)
Sylhet03.jpgSylhet02.jpg
ペッパーステーキ(450TK)を食べました。
ポテトと甘くないグラッセとヌードルがセットになっています。
お肉、柔らかくてうまい。バングラの牛肉なんだろうか…?だって、うますぎる!

============
仕事で行ったけれど、一日中停電で休講。
観光できてよかったー♪

シレットは道路にゴミが落ちていないから見た目もいいし、臭くない!
ダッカより住みやすそう・・・。
だけど、シレットの方言(発音じゃなくて単語が違う)が話せないと、
あり得ないくらいにぼったくられるそうです。

午前へ


2009-05-15(Fri) 22:41| バングラトラベル| コメント 0

2度目のシレット旅行!vol.1

ダッカからシレットまではバスで約5時間。
Green LineのACバス(550TK)に乗りました。
(私は乗り物酔いするので、バス移動は辛い)


◆サーキットハウスで写真撮影
えらい人が来たときに泊まるホテルらしいです。庭も綺麗でした!


◆シャハ・ジャラル聖者廟(シャハ・ジャラル・マジャール)
えらい人のお墓です。ここには物乞いがたくさんいました。


◆茶畑と紅茶工場
オーナー案内してくれました。工場内はイイ香り♪
Sylhet13.jpgSylhet11.jpg

紅茶は250グラムで41タカ。

◆インド料理のお昼ごはん
うまいです。オーナーが割引してくれたので、3人で500TK。
ジンダ・バザール(Jinda Bazar)にあります。
Sylhet09.jpgSylhet08.jpg

午後へ


2009-05-15(Fri) 22:32| バングラトラベル| コメント 0

セントマーティン島旅行

ダッカからバスと船を乗り継いで16時間、バングラ最南端へ。
セントマーティン01
島内の移動手段。派手に飾りつけられたバンガリ。6人くらい乗れます。

セントマーティン02
宿泊したホテルの前。ビーチまで徒歩数秒。

セントマーティン03
ホテルの連絡先
2か月前に完成した新しいホテルで、1部屋1,500TK
ダブルベットが2つ置いてあって2人~4人宿泊可能。

セントマーティン05
漁船?海はきれいです。

セントマーティン06
南の島の象徴。ダッカにもあるけれど、バングラ国内どこにでもあるけれど。
だけど、北海道にはないのです。

セントマーティン07
服を着たまま海に入って記念撮影するベンガル人。波でこけちゃった。
この国で「水着」なんてきれません、ベンガル人の視線が!!!!

セントマーティン08
12時(船到着)~15時(船出発)以外は、人が少ないです。
地元住人と、数少ない宿泊者のみ。

セントマーティン09
素手で魚とってたおっちゃん。
この髭立派だなぁ。

==========
このセントマーティン島は、星がとてもきれいに見えます。
目の前に星座が広がっているのに何座かわからなくて残念でした。(勉強不足~)

電気がない島なので冷たい飲み物は買えませんが、
常温の水・スプライトや温かくて激甘なミルクティーが飲めます。

食事はレストランが数件あるので問題なし。
魚介類のバーベキューやトルカリが食べられます。とってもおいしい♪

海はちょうどいい暖かさで気持ちよかったです。

観光の時期は11月から3月、それ以外は観光用の船が運航していないそうです。


バングラデシュにお住まいの皆様、今年の冬にはぜひセントマーティンへ♪


2009-04-24(Fri) 08:31| バングラトラベル| コメント 2

視察の旅―マイメンシン

全国各地にある系列の職業訓練校を視察してまわることに決めた。
まずはマイメンシンから!

朝6時30分に自宅を出発して、バスを2本乗り継いでマイメンシンについたのは11時。
予定では自宅―モハカリが30分、モハカリ―マイメンシンが2時間30分だったのに。
Shoukhinという長距離バスが途中で故障して…乗客全員降ろされた。
  添乗員からの詳しい説明はなく、ただ“壊れたからもう走れない”って。
通りがかったバスに無理やり乗り込んで再出発…ということで遅くなった。
  マイメンシンまでは道が悪いし座席が一番後ろだったから酔って気持ち悪かった。

マイメンシンT.T.C.は古くてでっかい職業訓練校(男女共学)。
コンピュータ学科はオフィスクラスとグラフィッククラスの2つに分かれていて、
黄色い画面のパソコンオフィスクラスはグレード9と10(中学生)が勉強している。画面が黄色くなったPCが12台、この日先生はひたすらSaveを教えていた。ワードで“文書の保存方法”を教えるのに1時間も必要ないと思ったけど・・・。この先生(日本語喋れる!)はコンピュータが専門ではないけれど、先生がいないからよくわからないけど教えていると話してくれた。(うちの学校に先生余ってるけど?いらない?)
グラフィッククラスは6か月の短期コースで18歳以上の生徒たち向け。

ここではKOICA(韓国のJICA)が活動しているから会えるように日程を設定したのに、彼女はダッカ(首都)に遊びに行っているということで会えず。(目的はグラフィックコースの見学だったのに!)
1.PCを起動させて生徒たちが作った作品を勝手に見る。
2.棚からシラバスを盗み見る。
テキスト見たかったけれど、テキストは探し出せなかった。

男女共学の学校はどこに行っても同じ問題を抱えている。
  (・・・と私は思う。)
2人で1台のPC、操作するのはいつも男。
グレード9の女子生徒に「今日は何やったの?」って聞いても答えられない。
作業してない(何もしていない=見ていただけ)から答えられないよね。

線路わきのバザールノディパークにあるスワンボートT.T.C.の視察が終わってからはマイメンシン観光。有名なビリヤニ専門店“プレスクラブ”でチキンビリヤニ(60TK)を食べ、ノディパークを散歩。スワンボード(船?)もあるー!!こんなにのんびり散歩できるなんてー♪夕方には食材調達。線路の脇にバザールが!

農業大学内にあるオブジェ(独立戦争の記念碑)
翌日は農業大学を見学。
この大学はアジア一の敷地面積を誇っているらしい。この大学の教授であるホックさん(30代男性)のお宅でお昼ごはんを御馳走になり、昼寝をしてからリキシャで大学を案内してもらった。でも広すぎて全部見るのは無理。
ホックさんも奥さんもは6年間日本に住んでいたので日本語が話せる。子供はまだ小さいけど、単語少しならわかってるみたい。奥さんの料理は辛さ控え目でとーってもおいしい。食べすぎた~。

マイメンシンは車が少なくて人も少なくて静か。
またノディパークを散歩したいなぁ。。。


2008-11-04(Tue) 15:20| バングラトラベル| コメント 2

シレット旅行vol.3

10月11日 スリモンゴル→ダッカ

朝食も洋風に食パンと紅茶とフルーツ!
パイナップルが甘くておいしかった、今が旬なんだろうか?
ダッカではこの時期あまり見かけないんだけど。

次のお客が来るからと、11時にチェックアウトして、
昨日リキシャで通った道を、茶畑を見ながらゆっくり歩く。
途中で集合写真。茶畑をバックに!
この旅行で全員一緒に写った写真はこの1枚だけ。
a_018.jpga_005.jpg
みんなのバッグを集めてセルフタイマーオン⇒全員集合!!

重い荷物を持って歩くのはだいぶ疲れる。
途中でリキシャを見つけてバスセンターまで乗っけてもらう。

a_003.jpg連休明けということでバスがすごく混んでいた。
臨時便のチケットを購入して2時間くらい待つ。
待っているとき、街の風景を写真に収める。
と、そのとき物乞いの子供がポーズを決めている。
そしてその子供の写真をとっていないのに金を要求された。
(飴をあげて写真を撮った→)
その後もベンチに座っていたら物乞いの子供たちに囲まれる。
ちょうどお昼すぎていて私たちがお腹空いてバナナとかスナックとか食べているから「ちょうだい」って近づいてきた。
a_004.jpg待ち時間が暇だったので、リキシャワラ体験もしてきた。空いているリキシャに勝手に乗って、写真撮影。座席が高い、ベンガル人の足が長いとは思えないんだけど。もっとちょうどいいサイズ(低いもの)はないのかなぁ・・・?

やっとバスが来て、5時間かけてダッカ(サイダバッド)に戻る。
途中の休憩はオープンしたてのハイウェイ・イン。
トイレットペーパー完備のトイレ、きれいです。掃除が行き届いています。
みんなはハンバーガーを食べていたけど、私は食べず。
また気持ち悪くなるのは嫌だから。
でも帰りのバスはACじゃないから窓を開けて風に当たれる。
ダッカに入ってから渋滞でバスが動かなくなったけど、
酔うことなく、ダッカに到着。

お疲れ様でした~!


女8人のシレット・スリモンゴルへの旅
感想は楽しかった、の一言。
ダッカで暮らすのは便利なことがたくさんあるけど、
汚くて臭くて人がうじゃうじゃいるこの街は疲れる。
たまに外の静かなところに行くのも楽しい。
そして日本人と一緒にいる時間も楽しい。

シレットもまた行きたいけれど、
ほかの地域への旅行も早く行きたいよー!
早く行かないと!!
残りの任期は1年半!!


2008-10-13(Mon) 16:22| バングラトラベル| コメント 4

シレット旅行vol.2

10月10日 シレット→スリモンゴル

普段から早起き(寝てられない!)の私は一番に目を覚ました。
ベランダですずみながらみんなが起きるのを待っていたら、
徐々に起きはじめて、おしゃべり開始。
2時間くらい喋って、準備してスリモンゴルに向けて出発。

途中で豪華なベンガル朝ごはん。
ホテルみたいにきれいなレストランで。

a_011.jpgスリモンゴルへのバスは2時間くらい。車酔いはなく、寝てたら到着。リキシャに乗り換えてバンガローへ向かう。田舎道のリキシャは、風が気持ちいい!有名な紅茶の茶畑を見ながら。リキシャ料金は一律30TK、そういう決まりも守れるみたいですねぇ、スリモンゴルのリキシャは。

a_007.jpg
バンガローについてからはレンタカーを借りてスリモンゴル観光。モニプリ布を織っている場所(折る作業は見れなかった)や、茶畑、モニプリ民族の家を見てきた。モニプリ民族は私たちと同じモンゴロイド。ベンガル人とは顔つきも生活習慣も違うみたい。

a_009.jpg有名(?)な5色の紅茶も飲んだ。
多分、シナモン、ミルク、ジンジャー、レモン、ストレート?
そんな感じの味だったが、まぜて飲むのはおいしくないらしい。

a_006.jpg
お土産の紅茶と夜に食べるお菓子を買ってバンガローに戻る。夕食は洋食を注文!(300TK)おいしくて、無言でたべてたら30分くらいで食べ終わってしまった。
a_014.jpg
敷地内に、プールと卓球台とテニスコートがあったけれど、喋ってばかりでそういう遊びはまったくしなかったなぁ。

a_015.jpg夜はお菓子を食べながらまたおしゃべり。
日本人同士でのおしゃべりもすっごく楽しい。頭を使わなくていいから疲れない。

セミダブルのベッドに3人で川の字になって就寝。
女8人の旅なのにベッドは6人分。
予約していたエキストラベッドは・・・どこ!?

シレット旅行
1日目
3日目


2008-10-13(Mon) 16:18| バングラトラベル| コメント 0

シレット旅行vol.1

10月9日 ダッカ→シレット

朝6時半にダッカを出発してバスでシレットへ
座席指定の長距離バス(AC付)とはいえ、5時間という道のりは長い・・・。
途中で休憩が1回、きれいなドライブインみたいなところで20分間。
みんなでサンドイッチを食べてお茶を飲んだ。

その後、
運転手の激しい運転とさっきのサンドイッチで・・・車酔い。キモチワルイー!!
だけどAC車だから窓開けられないし。
やっと到着した時には吐き気が最高潮で、トイレに駆け込む。

お昼ごはんはトルカリ、
さっきまで気持ち悪かったはずだけど、しっかり食べた。

a_017.jpgそれからシレットで活動しているミズアパの家に荷物を置いて、モニプリの布屋さんへ。(←私の中では旅のメイン)ミズアパが着ているモニプリ布のサロワカを見てから、ずっとこの布がほしかったんだ。たーくさんある色の中からみんなにも手伝ってもらって1つ選んだ。渋めの抹茶色。まだ持っていない色。それから・・・・誘惑に負けてピンク色のサリーも買ってしまった。サロワカが600TK、サリーが1,000TKみんなで値段交渉を頑張ったけど1割も安くならなかった。

シレットの街はとてもキレイ。(ダッカに比べて)
道端にごみが落ちていないし、乗り物も少ないし。

a_019.jpga_013.jpg
派手な寺院とお祭りに来ているたくさんの人!!!

ちょうどヒンズー教のお祭りがあったので、
ベンガル人に混じってパレードを見る。
痴漢が多すぎ!外人だから触っていいって思ってるんだろうか!?

夕食はPizza
久々のピザはおいし~!!!
チキンとマッシュルームとツナの3種類だったかな?
たまたま店員ができたてのプリンを持っているのをみつけて
プリンも注文!なかなかおいしいです。甘いけど?

夜は女8人で喋る・喋る!
何を喋っていたかあまり記憶がないんだけど、
日付かかわるまでずっと喋り続けて、疲れて就寝。

シレット旅行
2日目
3日目


2008-10-13(Mon) 16:16| バングラトラベル| コメント 0

Weather

Link

*管理者ページ

Search

Mobile phone

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。