Countdown

=2010年3月21日 活動終了=

Profile

yukari

Author:yukari
Age:26
Birthplace:Hokkaido/JAPAN
Work:JOCV
Hobbiy:swim,oboe,PC

New diary

Category

Archive

Counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| コメント(-)

バングラについて(Ⅱ)

私と一緒にバングラに派遣される予定のみやっちの計らいで、
研修員として来札されているベンガル人、モンデールさんにお会いすることができました!

モンデールさんの使用言語はベンガル語と英語(ペラペラじゃん!)。
私たちの使用言語は日本語と英語(Thank youが精一杯)。
とても会話できる状況じゃないので、JICA札幌の職員の方に通訳をお願いしました。

私たちのからの質問(全てみやっちが考えてくれましたが)
・日本の印象
・バングラの宗教(イスラム教とヒンズー教)
・バングラの交通機関(バス・リキシャ・ロケット?)
・バングラの災害(洪水とホルタル)
・バングラの女性(服装や生活)

モンデールさんの返答はすべで「No problem!」ということで何も心配ないようです。
イスラム教とヒンズー教は仲が悪いかと思っていたけれど、とても仲良しだし、
ベンガル人は日本人に対してとっても親切みたいです。よかったー!
洪水に関してもモンデールさんは長くバングラに住んでいるけど、
一度も被害にあったことはなく、ボリシャルは地域的にも被害はないと言っていました。
それから、女性は家庭を守る風習があるらしく、外に働きに出たりしないし、
あまり見かけないらしいのです。個人的には女性と仲良くなりたいので、ちょっと残念です。

しかし、気をつけるべき事として、食べ物や飲み物は大きなスーパーや信頼できる人から
買った方がいいと言っていました。露店や信頼できない人から買ったり、貰ったものには
もしかしたら毒(睡眠薬とか?)が入っていて、気がついたときには身ぐるみはがされる
かもしれないということです。あとスリにも気をつけてって・・・

モンデールさんのホームタウンはクルナという地域で、
私たちが住む予定のボリシャルからはバスで5時間程度なので、
「遊びにおいで」と言ってくださいました☆絶対行こう!!!


バングラに行く前からバングラに住むお友達ができて、嬉しいです。
スポンサーサイト



2007-08-29(Wed) 11:03| 隊員候補生| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Weather

Link

*管理者ページ

Search

Mobile phone

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。