Countdown

=2010年3月21日 活動終了=

Profile

yukari

Author:yukari
Age:26
Birthplace:Hokkaido/JAPAN
Work:JOCV
Hobbiy:swim,oboe,PC

New diary

Category

Archive

Counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| コメント(-)

現職参加へ Vol.4

私の元に1通のメールが届きました。
それは現職参加交渉中の協力隊候補生からでした。
私の現職参加が認められなかったことに対して、
もう一度頑張ってみませんか?という応援のメールでした。

私は「現職参加できる前例」になろうと思って交渉をしていた訳ですが、
結果として認められませんでした。
そして、「現職参加を認めない前例」になってしまった。
「現職参加を認めない前例」に自分がなること、
私のあとに続く人がいるなら、その人たちのチャンスを奪ってしまう
かも知れないことを考えていませんでした。
自分のことだけしか考えていなかった自分が恥ずかしい。

私が部長と交渉したとき、JICAからもらった資料をもとに、
2年3ヶ月分の補填額と私に払う給料と会社の収益を緻密に計算した書類を提出し、
かつ、企業イメージアップについて熱弁したつもりです。
我が社は「食」に関する業種で、近い将来、中国進出を考えているという噂を
聞いたので、アジアで生活した経験を活かしたいという話もしました。
(もし、中国派遣だったら認められたのかな・・・?あくまで「噂」だけど・・・)

彼女の場合、「認められなかった前例」があるから、
彼女も今のところ認められていないけど、まだ頑張っています。
「次に交渉する人はもっと大変だと思うから…」と。

しかし、私は今後、現職参加の件で部長と話し合うことはないと思います。
しつこく迫った事で、今後の業務に支障が出たらそれはそれで困るし、
今まで何度かJICAの研修員を受け入れているけど、それまで辞めてしまったら困る。
JICAに悪いイメージもってもらいたくない。

でも実際のところ、
諦めたというか、最後まで戦わずに逃げてしまった。交渉能力が足りないのです。


現職参加を希望した理由、それは、人間関係良好だから。
2年後、新しい仕事に就いた時には、今みたいな「人」に恵まれて仕事できるかな?
それは私の努力次第なのかな?

そういえば、昨日社長と食堂で会ったときに、
「会社としては応援できないけど、頑張って」と言われました。
明らかに部長とは違う!!!


現職参加へ Vol.1 Vol.2 Vol.3
スポンサーサイト



2007-08-28(Tue) 09:31| 隊員候補生| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Weather

Link

*管理者ページ

Search

Mobile phone

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。