Countdown

=2010年3月21日 活動終了=

Profile

yukari

Author:yukari
Age:26
Birthplace:Hokkaido/JAPAN
Work:JOCV
Hobbiy:swim,oboe,PC

New diary

Category

Archive

Counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| コメント(-)

イマージェンシーemergency

同僚シャハナジさんが入院しました。
彼女は仕事が終わって学校から帰る途中、
“めまい”で倒れて、
その時に手と足に怪我して病院に運ばれました。

そして、
病院で発覚したのは彼女が妊娠2ヶ月くらいだってこと。
そして胎児の状態がよくないってこと。

私たち教職員とお義母さん、旦那さん、シャハナジさんの兄妹…
彼女を心配して集まる人たち。
集まっても実際何もできないってことはわかってるんだけれど、
みんな仕事を放り出して、病院へ。
(単に仕事したくないだけ?いや、本当に心配しているのです!)

彼女が入院しているのは産婦人科医院ということで、
男性はあまりいないうえに、病室にも長居できません。(←旦那でも)
 男性たちは待合室でずーーーっと待ってました。

彼女が入院している部屋は2人部屋で、もう一人の患者は高校生でした。
この高校生は、結婚して旦那さんの実家に同居しながら高校に通っていて、
来年卒業だから、今、子供ができるのは困るんだそうです。
だから人工中絶手術を受けるために一人で病院に来ました。

同居している家族がいるのに付き添いがいない。
バングラでそれはあり得ないでしょう??
男性の付添なしに病院行くなんてあり得ん!!

話しが反れましたが、
シャハナジさんの胎児の状態はまだ何とも言えない状況だそうです。
妊婦初心者のシャハナジさんは、
親や親せきや友達からいろいろなアドバイスを受け、混乱中。

ちなみにイマージェンシーemergencyはベンガル語で“ジョロリー”というそうです。
でも、ジョロリーの意味はプライオリティーpriorityだと聞いたことがあるし、
私はそういう意味で使っています。2つ意味があるのかな?



高校生の彼女、もしかしたら結婚してないんじゃない?説が浮上。
(うわさ好き同僚たちの推測)

やっぱり病院行くのに家族が付き添わないのはあり得ない。
 ↓
付き添えない状況にあるのではないか。
 ↓
となると、婚前交渉。
 ↓
できちゃった。
 ↓
おろさなきゃ。
 ↓
病院には嘘つこう、だって未婚だなんて世間体悪くて言えないし。


・・・・という感じです。
どとらにしても、バングラでは、イスラム教の教えではあり得ないことが起こりました。
婚前交渉も、人工中絶も。
スポンサーサイト

2010-01-18(Mon) 10:09| バングラLIFE'10| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Weather

Link

*管理者ページ

Search

Mobile phone

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。