Countdown

=2010年3月21日 活動終了=

Profile

yukari

Author:yukari
Age:26
Birthplace:Hokkaido/JAPAN
Work:JOCV
Hobbiy:swim,oboe,PC

New diary

Category

Archive

Counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| コメント(-)

コミラ(クミッラ?)

シレットから電車で6時間、コミラに到着です。
シレット(10:30)-スリモンゴル(12:30頃)-アカウラ(15:30頃)-コミラ(16:30頃)
電車の時刻表では5時間で着くことになっているのですが、当然の遅れで。

コミラは“ロシュマロイ”というお菓子の産地らしいので、3つのお菓子屋をはしごして食べ比べました。私は超甘いバングラのお菓子が苦手で、基本的には食べないのですが、ロシュマロイはおいしく食べれます!それぞれ味が違ってどの店もおいしかったです~。
それから“コッドール(カディ)”という布が有名らしいのでバザールで買ってしまいました。残りの任期を考えるともうこれ以上服は必要ないのですが、旅行に来ると買ってしまいます…。

コミラの滞在は1日です。
朝9時30分にホテルを出発して・・・・
第二次世界大戦兵士墓地最初に向かったのは第二次世界大戦兵士墓地です。
ここにはいろいろな国の兵士さんが眠っているのですが、その中に24名の日本人も含まれています。(写真に霧がかかってるー)


サルボン・ヴィハラ次はサルボン・ヴィハラ
仏教学校でモエナモティ遺跡の中でいちばん有名だとガイドブックに書いてあります。
広い土地に花畑があって、景色もきれいなので癒されるのですが、入場料100タカ(ベンガル人は10タカ)は高いと思いました。
隣にある「モエナモティ博物館」も入場料100タカ~


ルプヴァン・ムラそれからイタコラ・ムラルプヴァンムラ
近くに学校があるので生徒が遊びに来ていました。上るとインドまで見渡せるとガイドブックに書いてありますが、「見えるわけがない」とCNGの運転手は言っていました(笑)コミラはインドの隣の町で地図では近いけれど本当は遠いそうです。


コミラ・アカデミー(BARD)では、施設の中にある山(丘?)を登りました。景色がキレイ!久々に坂道を上って息が切れます。(バングラにはあまり坂道がありません)いつもきれいな景色を写真に収めたいと思うけれど、私が見た景色を写真で表現することはできません。写真にすると感動が薄れてしまいます。

ジャガナトプール寺院最後にシャガナトプール寺院へ。
ヒンドゥー遺跡、かわいらしい建物です。
ヒンドゥーの遺跡は見ていておもしろいです。
食事の時間と重なって中を見ることができませんでした。
それから場所を上手に伝えられなかったり、迷ったりしていくのが大変でした。


全ての観光を終了して、お昼ご飯(トルカリ)を食べて、3時のバスでダッカに戻りました。
コミラ観光中の移動はCNGを貸し切りました。(600タカ)

コミラからダッカ(サイダバット)までは2時間。
ダッカに帰ってくるとこの空気の汚さで、喉と目が痛くなりました。
つくづく「慣れって怖いなー」と思いました。
ダッカに住んでいるとこの汚さが「普通」になってくる。

=============
私が宿泊したホテル
ASHIK residential rest house
住所:186, Nazrul Avenue(モダンスクールの隣)
電話:01711-964-064
料金:ツインルームで1泊1,400タカ(バングラ朝ごはん付)
※コミラのホテルはダッカより料金が高めだそうです。(質の割に)
スポンサーサイト



2010-01-06(Wed) 20:58| バングラトラベル| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Weather

Link

*管理者ページ

Search

Mobile phone

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。