Countdown

=2010年3月21日 活動終了=

Profile

yukari

Author:yukari
Age:26
Birthplace:Hokkaido/JAPAN
Work:JOCV
Hobbiy:swim,oboe,PC

New diary

Category

Archive

Counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| コメント(-)

2タカくれ

バングラデシュに住んでいるとたまに遭遇する物乞い。
彼等の仕事はお金を恵んでもらうこと。
裕福そうな人の近くに行って、手を出す。
しゃべらなくてもわかる。
“くれ”と目が強く訴えているから。

物乞いという“職業”についている人は様々な背景がある。
・貧しい子供達。(親の指示で物乞いをしていると思われる)
・年老いた老人。(仕事もなく家族からも見放された感じ)
・五体不満足な人。(身体に問題があり、働くことができない)
と、こんな感じだろうか。

バングラデシュに来て、JICA Officeや隊員Houseのある地域(外国人居住区)で
行動していたころは毎日物乞いに遭遇していたが、
任地(職場や自宅のそばなど私の行動範囲内)ではあまり見かけていなかった。

しかし、先日、ゴミを背負った5歳くらいの女の子に「2タカ(約4円)くれ」と言われた。
今まで「金をくれ、食べ物をくれ」と言われたことはあっても、
具体的に“金額”を提示されたのは今回が初めて。

でも、私はその子を無視して進んだ。
いつもそう。
CNGに乗っているときも、バスに乗っているときも、歩いているときも。
物乞いが近づいてくると、怖い顔をして追い払うか、無視するか。
この国に来て一度も物乞いの要求に応じたことはない。
一度誰かの要求に応じてしまうと、全員の要求に応じなければならない気がして。
また、“ナイからもらえばいい”という途上国ならではの考え方が嫌で。

2タカという金額は私にとってどーってことない金額。
500mlで10タカのミネラルウォーターを毎日何本も買って飲んでいるし、
1枚2タカのクッキーを毎日2枚ずつ食べているし、昨日は1個2タカのライチを50個買った。

お金はあるけど、物乞いの人々に与えることはしない。
その辺りはベンガル人よりシビアである。

ベンガル人は物乞いの人々からの要求に応じることが多い。
手を差し出してきたら、お金あげたり、食べ物あげたりしている場面をよく見る。
私の同僚たちが公務員で、そこそこお金があってそれなりの生活しているからかもしれない。
自分の生活に余裕がなかったら“恵む”ことはできないだろうと思うから。

これからも何度も遭遇するであろう物乞いの人々。
これからも何も与えず無視するのか、
それとも何かのきっかけで考え方が変わって与えるようになるのか。
スポンサーサイト



2008-06-15(Sun) 01:37| バングラLIFE'08| コメント 2

コメント

人それぞれ

こんばんは。初めまして。
私もバングラデシュに住んでいます。

私は物乞いの人に対する対応は人それぞれだと思いますよ。
裕福なバングラデシュ人でも人によって、また場合によって違うんじゃないでしょうか。
yukariさんのように、自分できちんとそういう問題に向き合おうとしている態度は立派だと思います。

ちなみに私の場合は、
手元に小銭があったらあげる、とか
なにか感じるものがあったらあげる、といったいい加減なものです。

2008-06-16(Mon) 22:16 | URL | えむ #-[ 編集]

とてもおかしな話しだぁ。あなたの考えこそがまさに日本人。なんのために日本の国民の税金を使ってわざわざボランティアしにいってるんだよ。
これが一人旅や個人でのボランティアだったら、あなたみたいな考え方はしないだろう。
幸せなことだ、二年というバカンスができて。みんな一生懸命生きている。あなたには、わからないだろうね。助けてやっている気持ちや上から目線での考え方をしている人に何かを教えてもらうなんてバングラデシュの人はかわいそうだぁ
同じ日本人として恥ずかしい。たいていボランティアをやっているひとは、心が乏しく孤独の人が多いい。だから自分よりも下の人に必要とされたがる。
こんなんだったら、日本でボルビックをかってアフリカの井戸を作るためにすこしでも役立つ何かひとつできることをしたい。

2008-06-16(Mon) 20:59 | URL | かりん #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Weather

Link

*管理者ページ

Search

Mobile phone

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。