Countdown

=2010年3月21日 活動終了=

Profile

yukari

Author:yukari
Age:26
Birthplace:Hokkaido/JAPAN
Work:JOCV
Hobbiy:swim,oboe,PC

New diary

Category

Archive

Counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| コメント(-)

床屋さん

バングラでよく見かける、道端に店を構える床屋さん。
もちろん日本のようにビルの一角で営業しているような、きれいな床屋さんもあるらしい。

授業中停電になって、何もすることがないから床屋に行くという同僚に同行して見学。

代金は髪を切るのが20タカ、ひげを剃るのが10タカ。

椅子に座ったら白い布巻かれて、いきなり切られる。
「こんな髪型に」とか「この辺長め」とかそういう会話はなし。
たぶん店主がイメージした髪型(切れる髪型?)に勝手になるんだと思う。
切っているときの目は超真剣。
日本と変わらない真剣さ。(←ここ重要!)

シャンプーとかはなくて、ただ切るだけ。
日本の床屋さんがどんな感じなのかよくわかんないから比較しようがないけれど。
床屋002
“もみあげ”とか“耳から首にかけて”の部分を特に念入りに。
剃刀も使ってきれいに仕上げる。
床屋003
この“くっきり”した感じ、重要らしい。
ベンガル人の髪型(後ろのほう)はこんな感じの人が多い。
坊ちゃんスタイル、これがバングラ流。


スポンサーサイト

2008-06-30(Mon) 20:35| バングラLIFE'08| コメント 0

雨の日

朝から雨。(夜中からかもしれない)
今日はリキシャがつかまらないだろうなぁと思いながらも、
半ばあきらめ気味でいつもと同じ時間に家を出る。
もちろんつかまらない。
リキシャだって雨の日は仕事したくないだろうさ。
家から15分くらい歩いてやっとリキシャに乗ることができた。

いつものことだけど、雨の日は道路が水浸し。

水浸しというか洪水!?
バングラの道路は水はけが悪くて、雨水が道路に溜まっている。
雨の日002雨の日003
靴脱いでズボンまくりあげて歩く人

雨の日は涼しいけど、外に出たくない。
これから本格的に雨季に突入するのかな?
毎日これじゃぁちょっと嫌。

ちなみに雨の日は先生たちも遅刻してくる。
理由:雨だから
もちろん生徒たちも遅刻または欠席する。
理由:雨だから

日本だったら台風来ても、大雪でも頑張って行くだろうさ。
そして、遅刻するなら事前に連絡するのが当たり前!
でも、ここはバングラ。
そういう日本で当たり前のことが、当たり前じゃない。

何の連絡もせず、10分遅刻した私はベンガル人になってきたってことかな?
もちろん理由は雨だから。。。
・・・よくない傾向である。


2008-06-29(Sun) 18:25| バングラLIFE'08| コメント 1

修了テスト

昨日修了式を行ったのに、今日からテスト!
(日本では修了テストの後に修了式だった記憶がある)

生徒たちは、普段2人で1台のPCを使って勉強しているため、
テストは8:00~と10:00~の2回に分けて行った。

内容は
1,ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスの実技テスト
2,コンピュータ全般についての口答テスト
(制限時間2時間)

生徒たちがPCを勉強してきた時間は、
6ヶ月間週6回×3時間=約430時間
※実際には停電で使えないときもあるからもっと少ない

430時間も練習してきたのに、やっぱり出来が悪い。
テスト1
実技テストでは、ワードの文章作成(ベンガル語と英語)に30分以上もかかっている。単にタイピングが遅いっていうのもあるけど、均等割り付けとかインデントとか使えていない。エクセルにおいては関数覚えてないのが致命的。罫線引くのにも時間かかってる。 パワーポイントは超簡単だったからできていたけど、アクセスは・・・クエリがわかってない。クエリができないとアクセスを使う意味がない。

テスト2
口答テストにおいては、チーフインストラクターが面接形式で行う。「これは何?」、「これは何のためにあるのか?」、「組み立て方法」などと質問。で、実際に部品を触りながら生徒がしゃべる。・・・質問に答えられない生徒たち、HWの授業は結構最近やったはずなんだけどなぁ。HWの授業はとても教え方が上手で私も見習いたいと思っていたのに、生徒たちはわかっていなかった様子。ってことは授業にも問題あり!?


彼女たちの6ヶ月間の勉強はなんだったんだろうか?
ただ忘れているだけだと思いたい。
実際のところ、彼女らはコンピュータを勉強したという“修了証書”がほしいだけかもしれない。
バングラデシュではそういう証明書類が大切で、就職にも有利らしい。

10時からのテストが始まって45分経過したとき、
いつものように停電になって1時間何もできなかった。
結局1時間後からテストを再開した。。。


2008-06-24(Tue) 23:53| バングラLIFE'08| コメント 0

修了式

今日はコンピュータコースの修了式。
生徒達は6か月間コンピュータの勉強をして、その後どんな仕事に就くのかはわからないけど、
まぁ楽しかったって言ってたからいいかなぁ。。。


修了式(=卒業式)なのにそのイベントは生徒が企画する。

1.校長先生やその他先生たちのスピーチ
副校長の話チーフインストラクターの話
校長が外出したため副校長のスピーチ、修了式なんだからいてほしい。

2・生徒たちからのスピーチ
生徒の話
いつにもなく声が小さい、緊張しているのか・・・かわいいなぁ

3.ケーキカット
ケーキケーキカット
意味がわからないケーキカット、一般的なことなんだろうか・・・?

4.プレゼント贈呈
プレゼント贈呈プレゼント贈呈
携帯電話で写真をとる姿、日本とおんなじ~

5.一緒におかしやごはんを食べる
みんなでごはんおめかし生徒
お菓子やご飯も生徒たちがお金を払って準備している、このときが一番楽しそう


で、今日私はベンガル人に怒った。
なぜスピーチを聞かないのか、ちょっとの間も黙っていられないのか、と。
ご飯を食べる時間を除けばたった30分なのに!!!
シュネン⇒意味:聞け(丁寧形)」と何度言ったことか、先生たちに!
生徒はきちんと聞いているのに、先生は隣の先生たちと雑談。


式が終わって先生たちがみんな帰ってから、
「ほんのちょっとの時間も黙っていられない、これじゃ幼稚園児だ!」
「何しに来たんだ、ごはん食べるためか!?」
・・・と同僚インストラクターに愚痴る私。
同僚はいつものように私の愚痴を温かく受け止めてくれた。

バングラに来て、怒ったのはたぶん初めてだろう。
しかも、「人の話を聞かないベンガル人」に。
そんなことわかっていたはずなんだけどなぁ。。。。



2008-06-23(Mon) 20:06| バングラLIFE'08| コメント 0

携帯強奪事件

昨日の夜8時半、停電だったのでベッドで横になっていると、
外から「マテ~」と聞こえてきた・・・(気がする)
で、“バシッバシッ”と何かを叩く音や人が叫ぶ音が聞こえてきたので
懐中電灯片手にベランダから外を覗いてみると、
家の横の道にたくさんの人が集まっている。
近くのアパートの住人たちもベランダから覗いている。

そこで私が見たものは、
一人がたくさんの人によって棒で叩かれている姿。
原因不明。叫んでいる人たくさんいたけど、
こういう状況のベンガル語わからないし。
結局10分くらい続いて、人がはけて行ったから私も部屋に戻った。

翌日(今日)、昨日の事件は何だったのかダルワン(門番)に聞いてみると、
男が携帯を強奪して逃げようとしたところを
他のベンガル人に捕まってメタメタにされていたらしい。
ダルワンは先に記述した“たくさんの人”のなかの一人となり、
まじかで事件を見てきたらしい。
「携帯気をつけて持ってね」って言われた。
ダルワン、心配してくれてありがとう。

バングラデシュでもたくさんの人が携帯電話を持っている。
私の同僚たちは多分全員持っているし、生徒だって全員持っていると思う。
携帯を強奪したかった男も多分持っていただろう。
でも、機種を売り飛ばして金にしたかったんだろうなぁ。
バングラデシュで携帯電話(機種)を買ったら、8,000タカくらいと聞いたことがある。
私の家の家賃7,000タカ(約12,000円)より高いんですけど。。。

そういえば、ホームステイ先の息子も以前、携帯電話を盗られたと言っていた。
携帯電話は高級品、気をつけねば。


写真は携帯強奪とは全く関係ない、バングラデシュのトラック。
無駄な飾り付けが多すぎる。
トラック



2008-06-21(Sat) 21:47| バングラLIFE'08| コメント 0

2タカくれ

バングラデシュに住んでいるとたまに遭遇する物乞い。
彼等の仕事はお金を恵んでもらうこと。
裕福そうな人の近くに行って、手を出す。
しゃべらなくてもわかる。
“くれ”と目が強く訴えているから。

物乞いという“職業”についている人は様々な背景がある。
・貧しい子供達。(親の指示で物乞いをしていると思われる)
・年老いた老人。(仕事もなく家族からも見放された感じ)
・五体不満足な人。(身体に問題があり、働くことができない)
と、こんな感じだろうか。

バングラデシュに来て、JICA Officeや隊員Houseのある地域(外国人居住区)で
行動していたころは毎日物乞いに遭遇していたが、
任地(職場や自宅のそばなど私の行動範囲内)ではあまり見かけていなかった。

しかし、先日、ゴミを背負った5歳くらいの女の子に「2タカ(約4円)くれ」と言われた。
今まで「金をくれ、食べ物をくれ」と言われたことはあっても、
具体的に“金額”を提示されたのは今回が初めて。

でも、私はその子を無視して進んだ。
いつもそう。
CNGに乗っているときも、バスに乗っているときも、歩いているときも。
物乞いが近づいてくると、怖い顔をして追い払うか、無視するか。
この国に来て一度も物乞いの要求に応じたことはない。
一度誰かの要求に応じてしまうと、全員の要求に応じなければならない気がして。
また、“ナイからもらえばいい”という途上国ならではの考え方が嫌で。

2タカという金額は私にとってどーってことない金額。
500mlで10タカのミネラルウォーターを毎日何本も買って飲んでいるし、
1枚2タカのクッキーを毎日2枚ずつ食べているし、昨日は1個2タカのライチを50個買った。

お金はあるけど、物乞いの人々に与えることはしない。
その辺りはベンガル人よりシビアである。

ベンガル人は物乞いの人々からの要求に応じることが多い。
手を差し出してきたら、お金あげたり、食べ物あげたりしている場面をよく見る。
私の同僚たちが公務員で、そこそこお金があってそれなりの生活しているからかもしれない。
自分の生活に余裕がなかったら“恵む”ことはできないだろうと思うから。

これからも何度も遭遇するであろう物乞いの人々。
これからも何も与えず無視するのか、
それとも何かのきっかけで考え方が変わって与えるようになるのか。


2008-06-15(Sun) 01:37| バングラLIFE'08| コメント 2

好き、嫌い

ベンガル語で嫌いな言葉がある。
「キチュ ブジナー」
意味:全く理解できない
状況によるけど、生徒が言うと腹が立つ。
授業を聞いていたはずなのに、自習の時間になって、
「パリナー(できない)」と言って私に近づいてきて、
どこができないのか聞くと、
「キチュブジナー」という。。。
自分で考えろよ!!!!って思う。
せめて、「ここまできるけど、ここがわからない」とか言ってほしい。
この言葉を聞くと、授業をしている先生に申し訳なくなってくる。

しかし、好きな言葉もある。
「アマデール バシャ」
意味:私たちの家
これはベンガル人が「家においで」と誘ってくれる時によく言う。
もし私が友達を誘うなら、「私の家おいでよ」って言うと思う。
今は一人暮らしだからこの言葉がぴったりかもしれないけど、
日本にいて家族と暮らしていても同じように言うはず。
でも、ベンガル人は「私たちの家おいでよ」って言う。
子供も、大人もみんな「私たちの家」と言う。
私はこの「私たち」に込められた家族の一体感が好き。


ミルプールのバザール
私の家からリキシャで5分くらいの場所
通勤で毎日通ります。


2008-06-12(Thu) 10:23| バングラLIFE'08| コメント 0

日本とつながる

バングラデシュの小学5年生と日本の中学1年生がつながった。
以前から手紙のやり取りをして交流していた(らしい)が、
今回インターネットのライブミーティングの機能を使って、
顔を見ながら、声を聞きながら交流することができた。

・イスラム教のお祈りの様子(男子生徒)
・バングラデシュの文化紹介の劇(女子生徒)
・歌(校歌と小さな世界←ベンガル語と日本語で)



交流会(日本語の歌を歌ってます)

バングラデシュの子どもたちはこの日のために、歌や劇などを
一生懸命練習してきたので出来はすごく良かった。
何度か練習も見ているが、当日が一番良かった、そして面白かった。
子どもたちは、今回交流出来てうれしかった、
これからも交流していきたいというような内容のことを言っていたと思う。
(↑話の概要しか聞き取れなかった・・・)

また、日本の中学校の紹介を見て、「中学校ってこんな感じだったっけ?」と
ちょっと懐かしい気持ちになった。10年以上前のことだから・・・。

協力隊に応募するとき、応募用紙に、
「インターネットで教室と教室をつなげて、日本と交流したい」
というようなことを書いた記憶がある。
今回「教室と教室」には至らなかったが日本とバングラの生徒たちが交流しているのを
見ることができて本当に良かった。

余談だが、交流会が終わった後、生徒たちにお弁当を配ることになっていて、
お店に取りに行ったら、お店が閉まっていた!!
(予約の時間より遅く取りに行ったけど!?)
店主に電話して、急いで来させ、急いで作らせた。
隊員も玉子の殻むいたり、パッキング手伝ったりして・・・
そんな様子から「バングラ」を感じた気がする。

最近のお気に入り♪
小学校の生徒たち

生徒たち(教室で)


2008-06-09(Mon) 20:53| バングラLIFE'08| コメント 1

床上浸水

「すごい雨だなー」って思って、雨が小ぶりになってから家に帰ってきた。
バスもリキシャもCNGも混んでいる。
雨の日はみんな歩きたくないから、乗り物が大盛況。
そして渋滞。
水はけが悪いから雨が降ると道が水浸し。
 *残念ながら写真はなし!

で、家に帰ると床上浸水。
私のアパートは7階建ての7階。
キッチンの窓を開けっ放しにしてたのは私が悪いから仕方ないけど、
ベッドルームが水浸しになってるのは最初理解できなかった。。。
・・・・・で少し考えてわかった。
ベランダから水が入ってきたらしい。
ベランダの排水溝が詰まっていてベランダに20センチくらいの高さで水がたまっていた。
床に置いてあったものすべて水浸し。
段ボールに入っていた本すべて。
日本から送ってもらった荷物。

とりあえず掃除開始。
朝も掃除したのに、また掃除。

バングラデシュは現在雨季に入っています。
正午ころと夜中にザザーッと雨が降る。
雨が降ると子供たちは大喜び。
わざわざ外に出て水浴びしながら遊んでいる。
雨は嫌いだけど、涼しいからいいかなぁ・・・?


2008-06-04(Wed) 21:04| バングラLIFE'08| コメント 0

Weather

Link

*管理者ページ

Search

Mobile phone

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。