Countdown

=2010年3月21日 活動終了=

Profile

yukari

Author:yukari
Age:26
Birthplace:Hokkaido/JAPAN
Work:JOCV
Hobbiy:swim,oboe,PC

New diary

Category

Archive

Counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| コメント(-)

インド旅行の準備

バングラに来る前から陸路でインドに行きたいとひそかに思っていました。
でも一人でインドに行く勇気はなくて、あーだこーだやってるうちに任期は終わりに近づいて
断念しかけていましたが、日本から来るトモダチと実現できそうです。

いくつかある国境のうち、一番利用者が多くて便利そうなベナポール国境から
コルカタに行くことにしました。

①ビザの取得
ビザには1ヶ月用と2ヶ月用があるみたいですが、取得日と入国日を考えて係りの人が勝手に選んでくれます。インド大使館(グルシャン1のKFCの裏あたり)に行くと、ベンガル人の長ーーーーーーーい列がありますが、外人は並ばなくても入れるという情報をもとに横入りしました。
 インド大使館では数日前から荷物の持ち込みを制限しており、
 私が持っていたトートバッグは持ち込めませんでした。
 困って係りの人に尋ねると、「荷物は道路の脇に置いておけ」と言われました。
 でもここはバングラ、ベンガル人はこのビジネスチャンスを逃すわけがなく、
 1個10タカでおばちゃんが荷物を預かる仕事をしていました。
 (信用できないのでお金とカメラはポケットに入れて持ち込みました)

②チケットの購入
ダッカからコルカタへの陸ルートはバス電車があります。
P1260386.jpg
電車
2008年4月14日に50年ぶりくらいに復活した国際列車Maitree Expressに乗ってみたいなーと思っていたのですが、日程が合わないので断念。運航日は火曜日と日曜日でダッカを8時15分に出発するらしいです。

バス
ダッカとコルカタを結ぶインターナショナルバスはBRTCGreen LineShohaghShyamoliといくつかあります。一般的には朝と夜の一日2便で料金が1,000タカくらいです。


私は同僚おすすめBRTCのというバス会社にしました。
ダッカ発が朝7:30でコルカタ着が夜7時ころ。料金は片道900タカで、
購入にはパスポートのコピーが必要です。
 BRTC以外のバスは国境で乗り換えが必要らしいです。面倒なので直行便で。
 でもバスの質はshohaghが一番いいと何人かが言っていました。
 その他バス会社の連絡先はこちら(バングラデシュ政府観光局のサイト)

飛行機
帰りは時間がないのでデリーからダッカまで飛行機で。
Jet Airwaysの運賃は19,200タカ、片道だから(?)割高な感じです。

だんだん準備が整ってきました!
あとは電車の予約です。
これは英語のサイト(ここ)だから難しそう。。。。



スポンサーサイト

2010-01-31(Sun) 21:32| | コメント 0

そういえばタイ!

P9200529.jpg9月の下旬、イードの休みを利用して
タイに旅行に行ったのでした。
3泊4日の旅、実質2日。
ダッカからの航空券は35,000タカ弱だったはず。
航空券は日本の値段と変わらない。

タイに行く目的
①美容室で髪を切る(9か月ぶり)
②タイスキを食べる
③リフレッシュ

バンコクに行くたびに行くタイスキのお店、シーフードがうまい。野菜もうまい、全部うまい。
P9200535.jpg

ふらふらーっと見に行った観光名所、BTSと水上バスに乗ってみた
P9220553.jpg

他にもいろいろ見に行ったけど、写真はなし。
民族衣装着て写真撮ったのは恥ずかしくて載せられません・・・

タイマッサージとエステに行けなかったのは残念だけれど、リフレッシュの旅でした!!
バングラに戻ってきた瞬間、ほっとする反面、
やっぱりバングラに住むって大変なんだなーって思うのです。


2009-12-03(Thu) 08:30| | コメント 2

任国外旅行-タイ

そろそろ任国外旅行の気分。
私は毎年クリスマスの時期に旅行しているし、
いろんな事を総合的に考えてもGOOD TIMINGだと思った。

11月25日からのバンコク・スワンナプール空港閉鎖の都合で、
行けるのかどうか不安だったし、何度もフライト変更してばたばたしていたけれど、
12月22日~12月29日までの8日間、タイでリフレッシュしてきました。

バンコクとバングラは近いけれど全然違う。(当たり前発言)
2007年にバンコクに来たときは気付かなかったけれど、今年は気付いた。
まず車のクラクションがない。バングラでは鳴らすことが当たり前?な車のクラクションがないし、みんな信号や交通規則を守っている。それだけでこんなにストレスレスな生活ができるんだな~って改めて思った。
道路わきに露店(飲食店やモノの販売)があるのは同じだけれど、ゴミが落ちていない。町中ごみだらけのバングラとは全然違う!
それから目線、タイ人と日本人の顔が似ているからかもしれないけれど、歩いていてもジロジロ見られない。ベンガル人はあし先から頭のてっぺんまでなめるようにジロジロ見るから最初のころは耐えられなかったもんなぁ。
おしゃれさんがたくさん!タイではショートパンツがはやっているらしく女の子はショートパンツはいている人が多かった。おしゃれな女の子たくさんいる~。バングラでもおしゃれさんはいるけれど、日本とは違う感覚のおしゃれさんだからなぁ・・・。

バンコク 3日間 ホテル:バンコクパレス
◆美容室
バングラにも美容室(ビューティーパーラー)はあるけれど、検討した結果バンコクの美容室に行ってきた。だって日本と同じ仕上がりが見込めるなら同じくらいのお金がかかってもいいけれど、バングラの場合、仕上がりはだいぶ違うのに日本と同じくらいのお金かかるんだもん。それならバンコク選ぶでしょう??ネットで探したお店で日本人在中(日本人が経営している)。基本的にはタイ人スタッフがやってくれるけど、細かい指示や仕上げは日本人スタッフがやってくれるから安心。縮毛矯正とデジパで4500バーツ(1万2千円)。
◆本屋さん
バンコクの伊勢丹にある紀伊国屋でマンガ購入。1冊171バーツだから日本よりはもちろん高いけれど、大好きな漫画を読めるならまぁいいかなぁ。紀伊国屋では日本の小説や雑誌、資格の本や趣味の本などなど何でもそろいそう。日本の本が売れるってことはそれだけ日本人が生活しているってことなんだろうなぁ。(←当たり前)それか日本語の本を読みたいタイ人とか外国人がたくさんいるってことか?もし任地がタイだったら…わたしはマンガばっかり買ってそう。。。もっとたくさんほしかったけど重いし高いから4冊だけ買った。
◆ごはん
バンコクに来たら魚を食べようと心に決めていた。バングラにも魚はあるけれど、川魚が多いし、生臭くてベンガル料理以外では食べられない。だからバンコクでの食事は鮭や鯖を選んで食べた。塩で焼いただけの魚と白ごはん…おいしい、めっちゃおいしいー!それからタイスキもおいしかった。セントラルワールドにあるMKという店が有名だという情報を仕入れたので行ってみたら行列のできるお店だった。美味しかったから2日連続で夕食はタイスキ(1人250バーツくらい)にした。マックの照り焼きバーガーセット(サムライポークバーガー)は100バーツ(プーケットは140バーツ)で、スタバのフラペチーノは115バーツだった。日本と変わらない味、安心してたべられる。
Thai-009.jpg
Thai-007.jpg

◆買い物
セントラルワールドと伊勢丹で日本のお菓子とお酒をかった、2500バーツくらい使ったと思う。バンコクには他にも日本食材のスーパーがあるみたいなんだけれど、バンコク在住16年の奥さまの話によるとほんの少し値段が高いけれど、ほしいものがすべて買えるのは伊勢丹らしい。1100バーツで買ったチョーヤ梅酒が空港の免税店で600バーツで売っていたのはショックだったけれど、ほしかったものは全部買えたのでよかったかなぁ。それからデパートの化粧品売り場でテンションあがった!!!日本に戻るなら買い込んでいただろうけど、バングラでは使わなさそうだから買えなかった。服も靴もサンダルもバッグもかわいいし!テンションあがるわ~。日本に戻るなら買っていただろうけど、バングラでは使いたくない。もったいない。。。

プーケット 3日間 ホテル:ロイヤルパラダイス
◆ダイビング(ピピ島)
昔は金槌だったけれど、日本で2年練習して泳げるようになってから、「きれいな魚たちと泳ぎたい」と思っていた…これが初ダイビング。インストラクターが機材の準備・調整をやってくれるし、海の中では腕につかまっていたら連れて行ってくれる訳で楽チンだろうと思っていたけれど、30分×2回のダイビングでめちゃめちゃ疲れた。北海道の海では見たことないきれいな色の魚がいた!ニモもいた!
Thai-008.jpg
◆ロブスター食べる
100グラム180バーツ、たぶんもっと値切れたと思うけど、特に値切らず500グラムのロブスターをバーバキューにしてもらった。食べる前は見た目悪いし、とても美味しそうには見えないけれど、食べたらおいしかったー。フライドライス・タイスープと一緒に食べたら満腹。もう一度食べたかった。
Thai-002.jpg
◆乗馬
「夕陽を見ながらビーチサイドを乗馬したら絶対ステキだ!」という言葉に惹かれて1時間半の乗馬をしてきた。もちろん乗馬なんで過去に一度しかやったことないから自分で動かす(操る?)ことはできず。係のおにーちゃんが引っ張ってくれて、ビーチサイドを散歩した。夕日が沈むのを見るのはとーっても綺麗だったけれど、私の馬が暴れ馬でまさかの落馬!(←馬に嫌われていたのか?)落ちたところが砂浜だったからよかったけれど…。数日たった今、足や腕が赤紫に変色してイタイ。
Thai-005.jpg
◆海で遊ぶ
ホテルから歩いてビーチへ!ビーチサイドのイス(ベッド?)を借りるのに100バーツ…こういうビジネスあるんだねぇ、ちなみにタオルは50バーツ!ちょっと冷たかったけど、泳いで遊んできました。海の上に浮かぶ楽しそうな遊具があって頑張って行ったはいいけれど、私は腕の力がなくて遊具に登れなかった。(←さかあがりとかできません)久々に泳いだから腹筋イタイー!この日一日で水着の日焼けがバッチリ。赤く、ヒリヒリしている。プーケットでは水着のまま買い物したりレストランに行っている人たーくさん見かけた。私もそうだったけれど。
Thai-006.jpg
Thai-003.jpg
Thai-004.jpg

===
帰国の日、インターナショナルなタイの空港はとっても気分がよかった。でも、ダッカ行きの飛行機(TG321)のゲートに入った瞬間バングラに引き戻された。やっぱりダッカ行きの便はベンガル人がたくさんいるわけで・・・あー・・・体臭が。しかもベンガル人、窓にへばりついているよー。機内ではCAさんが運んでくる機内食のカートを見つめている、がんばってワインとか頼んでいるけど飲めてない(半分以上残っている)、やっぱりお酒は口に合わないんだろうか。着陸の時、シートベルトのサインが出ているのにうろうろしてて、CAさんに怒られてるよ~。
Thai-001.jpg


タイとバングラ、タイのほうが日本に近いけれど、私のホームはバングラなんだなー??


2008-12-29(Mon) 17:48| | コメント 6

恒例、クリスマスの旅 Vol.2

25日の夜から、旅のメインでもあるカンボジアへ。
飛行機2時間遅れで到着・・・
(今年もクリスマスケーキ食べ損ねてる・・・あ、機内食にケーキあった・・・)

【Siemreap編】
アンコールワット
念願のアンコールワット!これが見たくてカンボジアに来たんだ!世界遺産だけあって観光客がいっぱいい過ぎる。落ち着いて見れない(涙)日本とかドイツとか修理(修復)しに来ているらしい。

水上生活
川の上に家があるって不思議な感じ。雨季になると水かさが増すので大型船にひぱってもらって安全なところに非難するらしい。学校もグラウンドも教会も水の上。

オールドマーケット
楽しい、買い物楽しい。現地の人と話すのも楽しい!お土産品とか食材とか日用品とか売っているけど、観光客向けのマーケットなのかな?地元の人は高くて買えないと思うし。
前からほしかったハンモックを4ドルで購入。(←半額まで値切った。)でも…使い道はない(笑)北海道は雪だから外で出来ないし…。バングラまで持っていくかな…。このマーケットには2回も行った。見るの、話すのが楽しくて!!

カンボジアダンス
手の反りが重要らしい。踊っているのは20歳くらいの女の子。7歳くらいからトレーニングして、やっと手が反るようになるらしい。手の動きはステキだけど、顔が怖い…無表情。

【食事編】
タイでもカンボジアも食事に苦労することはなかった。全部おいしかった!!でも、できるだけカレーを食べるように心がけた(笑)チキンレッドカレーを毎日のように食べ、たまにイエローポークカレーも食べ、バングラ生活に向けて準備してみたり。一番おいしかったのは、カンボジアでのマンゴーシェイク!まじでうまい、うまい!!日本に持って帰りたいくらいだった。食事といえば今回は5回機内食を食べた。5回っておかしい!だって国際線は4回しか乗ってないのに。。。なぜかというとカンボジア→タイのとき、搭乗前に機内食が配られた!1時間遅れたのもあるし飛行時間1時間だから機内で食べるには忙しいし、先に食べたおくのは新しい考えかただと思っていたら、飛行中にも配られた。。。お腹いっぱいで食べれなかったけど。

【カンボジアの恋愛事情編】
カンボジアで3日間お世話になったSINET(26歳♀)と恋の話しで盛り上がった。(女の子ですから~♪)カンボジアでは一般的に24歳くらいで結婚するらしい。でもアピールできるのは男性のみ。日本は男性も女性もアピールできるのに・・・だから(?)SINETは今までデートしたことないらしい。カンボジアのデートって遺跡とか?とくに出かけるところないけど、ドライブとか食事とかの秘密(ひっそり)のデートが多いって。カンボジアの恋愛事情、奥が深いです(笑)

...read more

2007-12-29(Sat) 23:57| | コメント 0

恒例、クリスマスの旅 Vol.1

1週間タイ・カンボジアに行ってきた。
いろいろありすぎて何を書いたらいいのかわかんないけど、
私が感じたタイ・カンボジアをご紹介。

【Bangkok編】
バンコクは東京みたい(笑)
人の多さ、車の多さ、物の多さ、明らかに札幌より栄えていると私は感じた。
買い物
ガイドブック片手にチットロム駅周辺をうろうろうろうろ・・・
一番楽しかったのは、スーパー!!食材、お菓子、調味料・・・たくさんみたけど、やっぱり日本と変わらない!日本と同じ!同じ物売ってる!!もちろんタイのものも売ってる。辛さ対策用に辛い調味料(名前わかんない)を買い込んできた。夜はイルミネーションがキレイだったけど、汗をかきながらクリスマスのイルミネーションを見るのは北海道育ちの私には違和感たっぷり。
暁の寺
寺の頂上(?)まで行ってみる。かなり怖い。。。のぼるの怖い。。。(←高所恐怖症を再確認)陶器の装飾が鮮やかでキレイ!景色もキレイ!!うまく説明できないのであとは写真で。
射撃
タイ軍政府の敷地内にある射撃場で50発で2500バーツ。軍人さんが親切に教えてくれたにもかかわらず、25発中、的に当たったのは5発。やっぱり下手。こういうの下手。以外にも拳銃って重い!一人で持つ(支える)ことが出来なくて軍人さんに一緒に持ってもらった。(映画では軽々しく片手で持っているんだけどなぁ・・・)

メインの観光スポット、王宮とエメラルド寺院に行けなかったのが残念。

【移動編】
初めてトゥクトゥク乗ってきた!楽しいけど、排気がカラダに悪そうなのと、走行中の他の車と接近しすぎて怖い。タクシーやトゥクトゥクはとりあえず半額まで値切る(笑)無理って言われたら「じゃぁ他に頼むからいい」って去ると…Okayしてくれる♪これって普通のことよね!?私がケチなんじゃないよね?? そういえば、移動中の車が事故った!バイクにぶつかっただけなんだけど、日本なら警察呼んだり、保険会社に連絡したり大掛かりな手続きを踏まなければならないはず・・・カンボジアでは・・・「ごめんね~気にしない、気にしない!」って感じで事故処理終了。。。すごいぞ、カンボジア。


...read more

2007-12-29(Sat) 21:23| | コメント 0

鎌倉を散歩する

タイトルのとおり、鎌倉を歩いてきた。

北海道の高校は修学旅行で京都や奈良+東京に行くのが一般的だけど、
私が卒業した高校は韓国との交流があり、修学旅行は韓国に行く。
札幌からだとコリアンエアーで3時間くらいかな?ソウルまで直行便あるから。

まぁそんなことはどーでもよくて、私はまだ大仏を見たことがない。
寺周りもまだ1回(京都行ったとき)しか、したことない。
日本人として、寺周りしながら抹茶飲むのはは重要でしょ??


ということで、今日のプラン♪
↓↓

...read more

2007-11-18(Sun) 22:47| | コメント 5

友達に会いたい Vol.5

大阪→札幌

今日はカラオケに行ってきた。日本のカラオケはハイテクで安いらしい。
一応中国語と英語がある機種(?)を選んだけれど、彼は日本の歌が大好きで、
歌う事ができるから、私も楽しかった。
世界に一つだけの花(SMAP)、大きな古時計(平井堅)などを一緒に歌い、2時間はあっという間だった。
英語と中国語の歌も聴けてよかった。私も英語の歌、何か覚えたいな~。

しかし、彼と会って、言葉の壁は大きいなと改めて感じた。
話したいことはたくさんあるけれど、適切な《単語》が見つからない。
彼の言葉、理解したいけれど理解しきれない。
互いに一生懸命耳を傾けるけれど、気持ちだけが先走る。

そんなとき、表情はとても大切だと思った。
彼は感情が表情へと表れるけど、私は普段から表情と感情は別々だから余計に伝わりにくいと思う。
喜怒哀楽、しっかり表情に出せるようになりたいなぁ。


そして、今日で5日間の旅が終わった。
今回は「友達に会う旅」ということで、各地の友達に会ってきた。(途中、飛び込みもあったけど)
会いたい人に会えて、嬉しかったな~。


2007-06-27(Wed) 00:00| | コメント(-)

友達に会いたい Vol.4

大阪

今日はシンガポールからの友達に会う。
彼は九州の大学で日本語を勉強するために来日し、大阪に立ち寄ったところだった。
私とは、あるサイトで1年半くらい前に知り合った。
私が協力隊を目指したとき、今まで何度も挫折している英語の勉強をしなおしたいと思った。
だから、英語を使う環境を作るために、
英語と日本語ができるメル友を探して英語と日本語もメールを交換している。
当時の彼は日本語を勉強し始めたばかりで、ひらがなだけ読み書きできる状態だったが、
今では漢字もわかるし、会話もできる。そして私よりも日本に詳しい。

彼は日本語を勉強し、日本のアニメやドラマを見て、日本の歌を聴き、日本食を好む。
日本語は標準語から方言まで、わたしが使う言葉をすぐ覚えて使う。
(例:したっけ~、できるっしょ~、なまら~、おばんです~など)
アニメ・ドラマ・歌に関しては敵わない。(明らかに私より詳しい)
日本食は写真を見ながら、レストランで食べたものを思い出しながら、作ってみる。

すごい・・・
私は富士山の高さなんて知らないのに、天ぷらだって作ったことないのに・・・。
彼は日本という国に、日本の文化に興味を持って日本語も勉強している。
じゃぁ私は?ナゼ英語勉強しているの??どうして外国に興味をもっているの?


2007-06-26(Tue) 00:00| | コメント(-)

友達に会いたい Vol.3

京都→大阪

会社に行く従妹を見送って大阪に移動した。今日は一日ひとりぼっち。

道頓堀は平日なのに人がたくさん。
この人々は大阪府民なのか、観光客なのか、よくわからないけど、いろいろな言葉が飛び交っていた。
(正直、日本語かどうかもわからなくなっている)

途中、「道頓堀どっちですか?」と尋ねられた。私が大阪府民に見えたのだろうか?
「どっちですか?」っていうか、ココですけど!?
どうやら彼女たちは韓国(釜山)からの留学生で昨日大阪に来たらしい。
そこで、突然だけど、ちょっと迷子気味の彼女たちの観光に同行させてもらうことにした。
(ひとりぼっちより楽しいからね!)

彼女たちの日本語はとても上手。私との会話で不自由はない。
同じアジア人として、しっかり第二外国語を習得している彼女たちがうらやましかった。
(私の努力が足りないのだろう)

夕食後、寮に招待してくれて、約10名の韓国人(韓国の外国語大学の卒業生と在校生)と会った。
日本人のゲストは初めてらしく、質問攻めに合いながらも、語学の事、
お互いの文化のことなどを楽しく話すことができた。

彼女たちは外国の言語や文化に興味を持って一生懸命勉強をしている。私も同じだ。
国籍や母国語は違うけれど、日本人も外国人もそう変わりないんだな、と思った。



2007-06-25(Mon) 00:00| | コメント(-)

友達に会いたい Vol.2

東京→京都

昨晩は暑かったからか、緊張からか、1時間ごとに目が覚める。
寝た気しないんですけどぉ・・・。以外にも繊細な私、寝床が変ると眠れない。
初めての新幹線を堪能するはずが、ぐっすり眠ってあっという間に京都に着いた。

京都では従妹に会って泊めてもらう。
従妹は4月から某システム会社にSEとして就職している。と言っても、彼女の専攻は法学。
彼女が畑違いのSEという職業を選んだのかは謎だが、
入社してからの2ヶ月間は彼女なりに頑張っている。
毎日自分のできの悪さに泣けてくる、と言っている彼女は「辞めたい」とは思わないらしい。
「今辞めるのは悔しいから」だそう。
目先の辛いことに負けることなく、努力する彼女を見て、
私もやる気が出た。



2007-06-24(Sun) 00:00| | コメント(-)

Weather

Link

*管理者ページ

Search

Mobile phone

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。